【イベント情報】第二弾 ゲストプロテニスプレーヤー紹介「田頭 健斗」/ 『今と未来のリーダーを繋ぐ - Post Leaders Assembly - 』

ゲストとして参加する二人目のプロテニス選手の紹介をしていきます!


『今と未来のリーダーを繋ぐ - Post Leaders Assembly - 』とは?


ATP獲得経験を持ち、海外を拠点にフューチャーズ・チャレンジャー大会を回る、

田頭 健斗 選手です!


"アスリートとしての経験を通じて、

幾多の戦い方と、唯一つの挑み方を提案する。"


という彼の理念が物語るように、

そのテニス選手としてのキャリアは容易ではなく、活動する上で必要となる、

資金調達やスポンサー交渉まで自ら行い、様々な創意工夫の元、プロとしての活動を続けています。



まず、彼のキャリアを頂いた資料をもとに確認してみましょう!


ITF シングルス最高ランキング:1203位 ATP シングルス最高ランキング:1555位

ITF  ダブルス最高ランキング:1005位 ATP  ダブルス最高ランキング:1407位


ジュニア大会戦績

 関西ジュニアランキング 2位

 兵庫県ジュニア 3大会すべて単複優勝


 USTA Clear water Jr 優勝

 USTA Largo Jr 優勝

 USTA Florida Jr 優勝

 USTA Seminole lake Jr 優勝

 USTA Clear water Jr 優勝

 USTA Seminole lake Jr 優勝

 USTA Sarasota Jr 優勝


プロ転向後 海外大会成績


 2018

・ITF Lima Challenger ベスト32

・ITF Banja Luka Challenger ベスト32


 2019

・ITF M15軽井沢 ダブルス ベスト4


ITFチャレンジャーにも出場をし、順調なプロ活動を送っているようにも見えますが、

リアルなところでは、本当に数多くの苦労があったようです。


所属先が見つからずに、アメリカで大学の事務員をしながらの活動や、

スポンサー企業が離れてしまったことで、一時は活動引退の危機もあったようです。


順風満帆ではないからこそ、

たった一つの目的のために、困難と向き合い、

その困難に対して様々な角度からアプローチを行い挑戦を続ける。


そんな彼だからこそ、次の世代に伝えられるリアルなことがあるのではないでしょうか?


夢を追い、破れる。アスリートのほとんどがこの経験をします。

筆者である僕もそのうちの一人です。

挑戦する全員がアスリートとして大成できるわけではない。

しかし、その時に重ねた経験を人生に活かし、応用することは全員にできます。


普段メディアなどで取り上げられているキラキラしている夢のようなストーリーだけではない、アスリートのリアル。

そのような部分のお話を彼からぜひ聞いてみて欲しいなと思います。


ぜひ来週4/29をお楽しみに!!!


お申し込みはこちらから


【イベント】4月29日オンライン開催!第一弾『今と未来のリーダーを繋ぐ - Post Leaders Assembly - 』 with 世界で活躍するプロテニスプレーヤー